保険

【学資保険】シングルマザーにおすすめな4つのメリットとは?デメリットと注意点も解説!

私はシングルマザーで現在年少の娘を育てているのですが、娘の将来の学費のために学資保険に加入しました。

tama
tama
というか、離婚前に夫が契約者で学資保険に加入してたのに別居した瞬間、勝手に解約してやがった

今はジュニアNISAなど利率のいい投資信託と比較されて、学資保険はあまりおすすめでないという意見も聞いたりしますが、

シングルマザーが子供のための教育資金を貯めようと思うなら断然学資保険がおすすめです!

今回はシングルマザーの私が学資保険を選んだ理由と、加入する際の注意点について解説したいと思います!

学資保険、貯蓄型のおすすめ3社を元保険会社勤務のシングルマザーが徹底比較【2019年最新版】学資保険に加入するなら 返戻率が高いところがいい! ってまず最初に思いますよね! でも各家庭で子供の年齢、親の年齢が違...

シンママだからこそ学資保険をおすすめする4つの理由

  1. 保険料免除の特則がある
  2. 貯蓄性に優れている
  3. 一般生命保険料控除を受けることができる
  4. 放置でOK(NISAと違って運用しなくていい)

①保険料免除の特則がある

学資保険をおすすめする理由1つ目、

保険料免除の特則があること。

シングルマザー(ひとり親)家庭の私が、学資保険を選んだ最大の理由がこれです。

学資保険には、契約者に万一の事態が発生した時、保険料免除の特則が適用されます。

tama
tama

つまり、万一の事態が発生した以降の保険料を支払うことなく、

契約時に設定した学資年金を満額が受け取れるようになるってことやで!

万一の事態というのは、

  • 契約者が死亡した時
  • 契約者が高度障害を負った時
  • 契約者が身体障碍者となった時

※契約内容や保険会社によっては、支払い免除の条件が異なるケースがあります。

です。

個人的な意見ですが、シングルマザーで子育てをしていく上で、

お金のことを考えた時に、如何にして「お金を増やす」かより、如何にして「お金を残す」かの方が大切だと思うんです。

なぜなら、自分が働けなくなったら子供を養ってあげられる人が居なくなるから。

tama
tama

ひとり親になったからって、子供に色んなことを諦めさせるようなことはしたくない!そして自分が死んだとしてもちゃんと子供のためにまとまったお金を残しておきたい!

まあ夫婦健在であっても、一家の大黒柱が一人しかいないのであれば感覚は同じなのかも知れないですが

本当に自分1人しかしないのと、夫と妻2人いるのとでは金銭的にも心理的にも肉体的にも負担が違いますよね。

シングルマザーの、「自分が死んだ後の気がかりは尋常じゃないほど大きいのです…!!

子供を養うのが自分しかいない以上、

自分が居なくなった時にどれだけのお金を、どれだけ確実に子供に残せるか

これを最重要事項として考えると、

ジュニアNISAのようないくら増えるかわからない、更には元本割れのリスクのある株式や投資信託でお金を運用するのは、

シンママの自分にとってはリスクが大きすぎるんですよね。

②貯蓄性に優れている

学資保険をおすすめする理由の2つ目は

貯蓄性に優れていること

学資保険は教育資金を積み立てする保険なので、受け取り可能となるのが大体18歳からであることが多いです。(※各社違いはあります)

ただ、学資保険は保険料を支払っているといっても、最後は(支払った保険料×返戻率)を学資年金として受け取ることが出来ます

つまり、学資保険という性質上、払い込み期間が満了するまではお金を引き出すことは出来ませんが、それ以外は貯金しているのとなんら変わらないということになります。

しかも定期預金と比べて、学資保険の利率ははるかに高い!

そのかわり、満期を迎える前に学資保険を中途解約すると解約返戻金がそれまでに支払った保険料の額を下回ってしまう可能性が高いというデメリットもあります。

tama
tama
でも、解約したら損する…‼っていうプレッシャーがある方が、何がなんでも保険料払おうって気になるから、逆にやる気が出たりもする

③一般生命保険料控除を受けることが出来る

学資保険をおすすめする理由の3つ目。

一般生命保険料控除が受けられること

学資保険は生命保険の一種のため、所得税と住民税の税額控除の対象になります。

税額控除ってなんや?って人も、「年末調整」と言えば聞いたことある人が多いと思います。

年末調整の時期(毎年10月~11月ごろ)になると、加入している保険会社から控除証明書が届きます。

その内容を「給与所得者の扶養控除等異動申告書」の所定の欄に記入し控除申告すると、その年に支払った保険料の額を元に所得税と住民税の一部を控除してもらえるという訳です。

控除額は所得税で毎年最大40,000円、住民税で毎年最大28,000円まで。

控除額は、その年に支払った保険料によって計算式が変わりますが、、

tama
tama
よくわからん人は、年間80,000円以上学資保険の支払いをしているのであれば控除額は最大になるって覚えといたらOK!

会社勤めであれば、年末調整は会社の総務だか人事だかがやってくれるはずなので、所得税と住民税が通常よりちょっとお安くなるんやなくらいの認識で、あとの計算は会社に任せておけばいいですが、

一応、どれくらいの節税になるかシングルマザーの平均所得243万円を例にして控除額を計算してみます。

年収243万円の場合、所得税額は5%、住民税は10%なので…

  • 所得税:40,000円×5%=2,000円
  • 住民税:28,000円×10%=2,800円
  • 2,000円+2,800円=4,800円

ということで、年間4,800円税金が節約できるってことです!

年間だと5,000円に満たない額でも、保険金払い込み期間18年にしてみると…

  • 4,800円×18年=86,400円!

学資保険でコツコツ積み立てしつつ、86,400円も節税できるってのは大きいですよね!

tama
tama
まさにチリツモ!!

④放置でOK(NISAと違って運用しなくていい)

学資保険をおすすめする理由の4つ目。

保険料さえ支払っておけば、満期まで何もしなくてもいいこと

さっきもチラッと話題に出ましたがジュニアNISAなんかだと投資なのでお金を増やすためには運用していかないといけないんですよね。

しかも損しないようにマメにチェックもしないといけない訳で。

tama
tama

投資とか、詳しくないと怖くて手を出せないわ。

けど、学資保険はまぁそないに専門知識が必要なもんではないわな。

そうなんです!

学資保険は最初から、満期に受け取れる金額が決まっているんですよね!

なので、まじめにコツコツ保険料さえ払い込んでおけば、時期がくれば最初に決めた通りのお金を受け取ることが出来ます!

tama
tama

シンママは仕事に家事に育児に忙しい!投資まで手をまわしてられへん!なにより最初から受け取れる金額が決まっている方が絶対安心感あるー!







学資保険のデメリット&注意点

  1. 子供の医療保障付きの学資保険は元本割れする可能性大
  2. 返戻率アップ目的で払い込み期間短縮は危険
  3. 加入できる年齢制限
  4. 「配当あり」「配当なし」がある
  5. 健康告知が必要
  6. 自分が死んだ後の手続きを誰に託すか

①子供の医療保障付きの学資保険は元本割れする可能性大

学資保険には子どもの入通院等の費用を補償する、医療保障付きのプランを取り扱っている会社もあります。

例えば、A保険会社の医療保障付き学資保険を例にとってみると…

災害入院給付金 1日につき5,000円
疾病入院給付金 1日につき5,000円
入院見舞給付金 50,000円
手術給付金(入院) 100,000円
手術給付金(外来) 25,000円
放射線治療給付金 50,000円

こんなプランが存在します。補償期間は保険期間が満了するまで続きます。

この医療保障付きプランで、保険料払い込み期間17年で200万円積み立てるプランを見積もりすると…

  • 合計払い込み保険料…2,299,284円
  • 受取額…2,000,000円
  • 返戻率…86.9%
tama
tama
うわー医療保障の分に30万ちかくかかってるってことか…!!

そうなんです。学資保険は学資年金の積み立て以外の要素(医療保障など)を付加することで返戻率が大きく減ってしまいます。

というか、医療保障付きだと返戻率が100%切るものばかりです。

もちろん、医療保障という付加価値があっての返戻率ですが、貯蓄が目的での加入であれば受け取り金額が減るプランは論外になると思います。

②返戻率アップ目的で払い込み期間短縮は危険

学資保険の返戻率を上げる方法として、保険料の払込期間を短く設定するという方法があります。

例えば、とある保険会社で学資年金300万円を積み立てようとすると…

保険料を10年で払い終える場合

  • 月払い保険料…23,310円
  • 合計払い込み保険料…2,797,200円
  • 返戻率…107.2%

保険料を18年で払い終える場合

  • 月払い保険料…13,374円
  • 合計払い込み保険料…2,888,784円
  • 返戻率…103.8%

10年で払い終える場合と18年で払い終える場合では

合計払い込み保険料の差が91,584円あります。

ただ月々の負担は9,936円増えます。

tama
tama

家計によっぽど余裕があるなら短期間で支払った方が確実にメリットあるけど

所得の少ないシングルマザーに月2万以上も支払う余裕はある??

平均所得243万よ?

そう、これもし途中で支払えなくなったら、保険は失効してしまい、これまで支払ってきた保険料が全て無駄になってしまうんですよね。

そうならないために、目先の利益より毎月ちゃんと支払っていけるかどうか?ということを第一に考えて保険料の払い込み期間は決定するようにしてください!

③加入できる年齢制限がある

学資保険に加入できる子供の年齢は一部の商品を除き、概ね6歳までです。

また、契約者の年齢制限がある会社があったり、契約者の年齢が一定の年齢以上の場合、保険料の払込期間に上限が設けられてしまうケースもあります。

tama
tama
要は、契約者が年取る前に保険料の払い込みを終わらせてもらおうという保険会社の魂胆

それだけでなく、加入の時期が遅ければ遅い程、月々の払い込み保険料の額は大きくなるし、返戻率も下がります。

わが家のケースで言うと、

冒頭に書いた通り、元々娘が0歳の時に加入した学資保険を元夫が別居と同時に勝手に解約してしまっていたため、

離婚後に新たに同じ内容で加入し直しました。

再加入の時点で娘は2歳になっていたので、満期時の学資年金の額は同じですが毎月の払込保険料の額は再加入後の方が約3,000円も高くなってます。

tama
tama

別居しようが、離婚しようが、親権がどっちになろうが我が子には変わりないのに…てか契約者変更したらいいだけやのに!!ほんま忌々しい元夫!!!

私のようにならないように、加入するなら出来る限り早めに行動することをお勧めします!!

④「配当あり」「配当なし」がある

学資保険には「配当あり」と「配当なし」の商品があります。

「配当」というのは、保険会社が資金運用で利益が出た場合に、契約者にその一部を還元してくれるというもの。

以下に、「配当あり」の商品のメリット・デメリットを簡単に解説します。

「配当あり」のメリット

  • 配当金が受け取れる
  • 配当金も積み立てられる

配当金は加入している保険会社の決算状況により変動するため、最初からいくら受け取れるかが補償されるものではないですが、

毎月払い込んでいる学資年金とは別枠で、積み立てていくことが出来ます。そして、積み立てている以上、保険会社所定の利率により利息もつきます。

なので、最終的に満期で受け取る学資年金+配当金で実際の返戻率を大幅に上回る額が支払われる可能性があります

「配当金あり」のデメリット

  • 「配当なし」より返戻率が低い傾向がある
  • 決算状況により「配当金」が支払われない可能性もある

「配当あり」の商品は配当金が支払われることを想定しているので「配当なし」の商品より返戻率が低くなる傾向があります。

また、保険会社の決算状況によっては最悪の場合、配当金が支払われないという可能性もゼロではありません。

tama
tama
んーそしたら各社比較して配当あり・なしで返戻率が変わらんのやったら配当ありの方がいいよね

そういうことですねー

ちなみに、前年度の決算配当率を適用しての試算であれば保険会社に頼めばしてもらえるはずです。

それで、暫定の配当金がわかるので(確定ではないですが)、それを目安として検討してみてもいいと思います!

⑤健康告知が必要

学資保険に加入する際に、契約者となる人の健康状態を告知する義務があります。

告知だけなので、医師による健診や診断書の提出等は必要ありませんが、

万一、虚偽の申告をしたり告知義務違反と判断されるようなことが発覚した場合、

最悪、保険会社から保険契約を解除されてしまいます。

解除されると、これまでに払い込んだ保険料は返ってこなくなり、受け取れるはずだった保険金も受け取ることが出来なくなってしまいます。

tama
tama
通院歴、入院歴、持病など偽りなく申告するようにしようね

⑥自分が死んだ後の手続きを誰に託すか

学資保険に加入する上で、一番ちゃんと考えておかなければならないことかと思います。

自分が死んでしまった(もしくは高度障害等で身動きが取れない状態になってしまった)後の手続きを誰に託すか

このような状態になった場合、保険料支払い免除の特則が適用されるため以降の保険料の払い込みをすることなく、学資年金を受け取ることが可能になるということは先ほど述べた通りですが、

じゃあ、その一連の手続き誰がするの?というと、

「後継保険契約者」が手続きすることになります。

後継保険契約者は、契約する際に以下の範囲で予め指定します。

  • 被保険者
  • 被保険者の両親・親族
  • その他被保険者を扶養する人
tama
tama
被保険者というのは、この場合「子供」のことね

ただ、子供がまだ幼いと後継保険契約者に指定されても何も手続きが出来ないですよね。

なので原則、子(被保険者)の父親であったり、被保険者の親族を指定するように保険会社から指示があるのですが…

シングルマザーの場合、子の父親は指定できないですよねw

ということは、子供の親族の誰か指定することになります!

tama
tama
うちは両親(子の祖父母)との仲も最悪やったから、一番信頼できる姉(子の叔母)にお願いした!!

せっかく、子供のために残しておくお金のことです。自分が死んだあともちゃんと信頼できる人にバトンを渡せるように準備しておきましょう!







まとめ

学資保険がおすすめな理由
  1. 保険料免除の特則がある
  2. 貯蓄性に優れている
  3. 一般生命保険料控除を受けることができる
  4. 放置でOK(NISAと違って運用しなくていい)
学資保険に加入する際の注意点
  1. 子供の医療保障付きの学資保険は元本割れする可能性大
  2. 返戻率アップ目的で払い込み期間短縮は危険
  3. 加入できる年齢制限がある
  4. 「配当あり」「配当なし」がある
  5. 健康告知が必要
  6. 自分が死んだ後の手続きを誰に託すか

ということで、学資保険をおすすめする理由&加入する際の注意点をまとめました。

シングルマザーの自分の感覚としては、

  • 自分が死んでも確実にお金をゲット!!
  • しかもちょっと増やす!!
  • ついでに節税!!

の3点セットはかなり魅力です。

カツカツな生活の中でも子供のために貯金をしているシングルマザーも多いと思います!

単に口座に貯めていっているだけのお金があるのであれば、それは本当にもったいないです。

この機会に学資保険の加入を是非検討してみることをおすすめしますー!

では最後までお読みいただきありがとうございました!