学資保険

ソニー生命の学資保険はなぜ人気?知らないと損!何歳までに申し込みがベスト?

  • ソニー生命の学資保険の人気の秘密は?
  • ソニー生命は何歳までに入るのがベスト?

ソニー生命の学資保険は、「たまひよ赤ちゃんグッズ大賞2019」の学資保険部門で大賞を受賞したり、2016年の「マザーズセレクション大賞」を受賞するなど、子育てママから高い評価を得ている学資保険なんです。

そして、その評価にたがうことなくソニー損保は元保険会社社員の私からしてもとっても質の高い学資保険であると思います。

ということで、冒頭の問いに関する結論はこんなかんじ↓

  • 業界トップクラスの返戻率で貯蓄性に優れている
  • 保険料払込免除特約つきで契約者に万一のことがあっても安心
  • 各家庭ごとに細かなプラン設計が可能
  • 頻繁に実施されるキャンペーンで豪華賞品が当たる
  • とにかく早く加入がおすすめ

以下の記事でより詳しく解説していきますね。

ソニー生命の学資保険の他社との比較、加入してから後悔しないための注意点などもまとめていますのでぜひ参考にしてみてください。

<PR>

ぱっと読むための目次

【ソニー生命の学資保険】返戻率が業界トップクラスで貯蓄性が高い

娘
ソニー生命の学資保険が評価されている理由の1つは返戻率の高さ!

返戻率とは、払った保険料に対して受け取れる学資年金の総額の割合のこと。

払込保険料総額×返戻率=最終受取可能額

ということになります。

娘
返戻率が100%を超えれば超えるほどお金は増えて戻ってくるということ!

学資保険に加入する目的は、子供の教育資金の積み立てをするためというのがほとんどですよね。なので何より重要視したいポイントは返戻率(=貯蓄性)高さかと思います。

その返戻率がソニー生命の学資保険の場合、2019年10月現在返戻率は最大108%となっていてこれは業界トップクラスの返戻率です。

マイナス金利の影響で学資保険の返戻率はかなり下がってしまい、元本割れ(払込保険料よりも受取額が減ってしまう)する学資保険もある中、ソニー生命の学資保険はどの年齢で加入しても返戻率は100%を超えます

ソニー生命の学資保険は非常に返戻率が高く貯蓄の効率がよいため教育資金に増やせるという点が圧倒的に支持されている理由の1つです。

【ソニー生命の学資保険】保険料払込免除特約つきで契約者に万一のことがあっても安心!

娘
保険料払込免除特約で万一のことがあっても確実な資金の確保ができる!

ソニー生命の学資保険には、契約者に万一のことが起こった場合、それ以降の保険料を支払うことなく予定していた学資保険を受け取れるという保険料払込免除特約が付いています。

万一のことというのは以下の状態を指します↓

  • 契約者が死亡したとき
  • 契約者が高度障害を負ったとき
  • 契約者が身体障碍者になったとき

保険料払込免除特約は、ソニー生命の学資保険だけでなく他社の学資保険の商品にもついているのですが、保険料の払込が免除となる条件が「契約者が死亡したときのみ」に限定されている会社もあるので注意が必要です。

正直、契約者が働けなくなる場合で一番つらいのは死亡した時よりも、高度障害を負ってしまったり、身体障碍者になって契約者本人に対する介助や介護が必要になってしまうことではないでしょうか…

子供のこと以上にお金がかかって学資保険の支払いどころではなくなってしまう可能性もあり得ますよね。

ソニー生命の学資保険は、その点もカバーして確実に子供のための資金の確保が出来るようになっているので、とても心強いです!

<PR>

【ソニー生命の学資保険】各家庭ごとに細かなプラン設計が可能

娘
ソニー生命の学資保険は学資年金の受け取り時期を幅広く設定できるように3つのプランがあります!

ソニー生命の学資保険のプランは以下の通り↓

  • 学資保険(無配当)Ⅰ型…中学・高校・大学などへ進学の節目に学資年金が受け取れる
  • 学資保険(無配当)Ⅱ型…大学などの進学時にまとめて学資年金が受け取れる
  • 学資保険(無配当)Ⅲ型…大学などの進学時から毎年の学資年金が受け取れる

この3つのプランの中で一番売れているのはⅢ型です。Ⅲ型だけで2019年2月現在、契約件数が147万を超えています。

どのプランも学資保険の受取年齢を17歳に設定できるなど早生まれの子供にも対応した内容となっています。

各プランともに、満期の際に受け取る総額からだけでなく、月々の支払保険料から設計することもできたりと、各家庭のニーズや家計に合わせた内容で計画的に学資金を貯蓄していくことが出来るのも魅力です。

以下より各プランの特徴を詳しく解説していきますね。

ソニー生命の学資保険(無配当)Ⅰ型の特徴

ソニー生命の学資保険(無配当)Ⅰ型は、大学への進学時だけでなく中学・高校への進学時にもその入学費用として資金が受け取れるプランとなっています。

tama
tama
中学受験を考えている人におすすめのプランですね!

学資保険の満期を「17歳・18歳・20歳・22歳」から選択することができ、満期によって学資年金の受け取り時期と回数がことなります。

また、Ⅰ型に加入できるお子さんの年齢は17歳・18歳満期の場合は0歳のみ、20歳・22歳満期の場合は1歳までと短いので注意が必要です。

ソニー生命の学資保険(無配当)Ⅰ型の満期年齢ごとの学資金の受け取りイメージ↓

学資保険受取年齢⇒ 12歳 15歳 17歳または18歳 20歳または22歳 受取総額
17・18歳満期 24万 24万 80万 なし 128万
20・22歳満期 15万 15万 50万 50万 130万

学資金の受け取りが早くなる分、返戻率はソニー生命の学資保険の3つのプランの中で一番低く、2019年10月現在の返戻率は最大104.3%となっています。

ソニー生命の学資保険(無配当)Ⅱ型の特徴

ソニー生命の学資保険(無配当)Ⅱ型は、大学進学時の学資金に重点的に準備ができるプランになっています。

学資保険の満期はⅠ型と同じく「17歳・18歳・20歳・22歳」から選択でき、学資金の受け取り方と回数も満期によって異なります。

Ⅱ型に加入できるお子さんの年齢は、17歳・18歳満期の場合は2歳まで、20歳・22歳満期の場合は3歳まで可能となっています。

ソニー生命の学資保険(無配当)Ⅱ型の満期年齢ごとの学資金の受け取りイメージ↓

学資保険受取年齢⇒ 17歳または18歳 20歳または22歳 受取総額
17・18歳満期 100万 なし 100万
20・22歳満期 50万 50万 100万

受け取りの時期が17歳・18歳満期の場合、大学進学前に全額受け取ることが出来るので一番お金がかかる大学入学前の資金の確保を最優先させたい方には最適のプランです。

Ⅱ型の返戻率は2019年10月現在、最大107.5%となっていて加入のタイミングや支払い方法によっては返戻率が107%越えとなり学資保険の中でも高い貯蓄性を誇ります。

ソニー生命の学資保険(無配当)Ⅲ型の特徴

ソニー生命の学資保険(無配当)Ⅲ型は、大学などへの進学時と毎年学資金を受け取ることができるプランになっています。

大学に進学した場合、在学中にかかる教育費用を総合的にカバーすることができる上に、Ⅲ型は返戻率も高いので、学資保険に加入するパパ・ママのニーズを一番満たすプランと言えます。

tama
tama
迷ったらこのプランを選ぶのがおすすめです!

Ⅲ型の満期は22歳のみ、加入可能なお子さんの年齢は3歳までとなっています。

ソニー生命の学資保険(無配当)Ⅲ型の受け取りイメージ↓

学資保険受取年齢⇒ 18歳 19歳 20歳 21歳 22歳 受取総額
22歳満期 40万 40万 40万 40万 40万 200万

18歳~22歳まで毎年同じ額を計5回受け取ることが出来ます。

返戻率の最大値は3つのプランの中で一番高く、2019年10月現在最大108%となっています。

tama
tama
私大に進学した場合、毎年の授業料もバカにならないですよね。そう考えると進級のたびに毎年学資金が受け取れるⅢ型が一番選ばれている理由がわかります!

<PR>

【ソニー生命の学資保険】頻繁に開催されるキャンペーンの商品が魅力的

ソニー損保の学資保険は、無料相談を申し込むと抽選で豪華賞品が当たるキャンペーンを頻繁に行っています!

抽選で当たる商品は、ソニーのデジタルハンディカムやダイソンの掃除機、ブレンダーなどこれからの子育てに役に立つものばかりです。

tama
tama
ハンディカムは子供の成長記録や行事の時、ブレンダーなんかは離乳食づくりで大活躍しますよ!

【ソニー生命の学資保険】とにかく高い返戻率を狙うなら契約者も子供も若ければ若いほどいい

娘
ソニー生命の学資保険はそもそも子供が4歳になると加入ができないんだよね

そうなんです。他社で加入する場合、学資保険は6歳まで加入できるところがほとんどですがソニー生命の学資保険は子供が3歳までしか加入できないのでかなり年齢制限が狭いんです。

学資保険は早く入れば入るほど返戻率が高くなり月々の保険料も安くなります。逆に加入が遅いと返戻率は低いし、月々の保険料は高くなります。

ちなみに、契約者の年齢より子供の年齢が上がる方が返戻率の下げ幅は大きいです。

返戻率の高さが売りのソニー生命の学資保険もその点は例外ではありません。

とはいっても、契約者になるのはほとんどの場合子供の親御さんのどちらかかと思います。そうなると、契約者の年齢はどうしようもできないので、せめてお子さんに関しては出来る限り0歳のうちに加入することをおすすめします。

では、以下より具体的にどれくらいの返戻率の差が出てくるのか、ソニー生命の学資保険のプランの中で一番選ばれているⅢ型でシュミレーションしていきますね。

ソニー生命の学資保険の加入年齢別のシュミレーション

子供の年齢別と、契約者の年齢別にシュミレーションしていきたいと思います。

子供の年齢別のシュミレーション

まずは下記の条件で、子供の年齢0歳、1歳、2歳、3歳と順にシュミレーションしていきます。

シュミレーションの基本条件

  • ブラン…Ⅲ型
  • 契約者年齢…30歳
  • 総受取額…200万円
  • 払込期間…10歳

子供が0歳の場合↓

払込方法→ 年払 半年払 月払
返戻率 108.0% 107.6% 107.2%
保険料 185,080円 92,928 15,540円
払込保険料総額 1,850,800  1,858,560 1,864,800円

子供が1歳の場合↓

払込方法→ 年払 半年払 月払
返戻率 106.1% 105.7% 105.3%
保険料 209,332 105,104 17,576
払込保険料総額 1,883,988 1,891,872 1,898,208

子供が2歳の場合↓

払込方法→ 年払 半年払 月払
返戻率 104.2% 103.8% 103.5%
保険料 239,724 120,364 20,128
払込保険料総額 1,917,792 1,925,824円  1,932,288

子供が3歳の場合↓

払込方法→ 年払 半年払 月払
返戻率 102.4% 101.9% 101.6%
保険料 278,980 140,076 23,424
払込保険料総額 1,952,860 1,961,064 1,967,616

どの年齢で加入しても返戻率100%を超えてくるのはとてもうれしいところですが、最大限返戻率の恩恵を受けるなら0歳での加入が一番であることがわかりますよね!

それでも1歳で加入しても返戻率が105%を超えているのは、やはりすごいです。

2歳以降も、月払でも返戻率103%越えで嬉しいですが、月々の支払額が2万を超えてくるので毎月の家計のことを考えると少しきつい気もしますよね。

家計のことを考えても返戻率の琴も考えてもやはり早め早めの加入が望ましいですね。

契約者の年齢別のシュミレーション

続いては下記条件で契約者の年齢30歳、40歳、50歳の場合でシュミレーションしていきます。

シュミレーションの基本情報

  • プラン…Ⅲ型
  • 子供の年齢…0歳
  • 総受取額…200万円
  • 払込期間…10歳
  • 払込方法…月払
35歳 40歳 50歳
返戻率 107.0% 106.7% 105.2%
保険料 15,568 15,616 15,836
払込保険料総額 1,868,160  1,873,920 1,900,320

契約者が50歳でも返戻率は105%越えというのは、かなりの高水準ですが年々返戻率が下がっていくことを考えれば、これもお子さんの年齢が上がると返戻率はぐんと下がってしまいます。契約者の年齢が高齢であればあるほど、お子さんが0歳の内に加入したほうがよいということですね。

<PR>

【ソニー生命の学資保険】他社との返戻率の差はどれくらい?

ソニー生命の学資保険が他社と比べてどれくらい返戻率が高いのかも気になるところですよね。

ということで、ソニー生命と同じく返戻率が高いと言われているニッセイの学資保険とフコク生命の学資保険でもシュミレーションしてみます。

ニッセイの学資保険・こども祝い金なし型のシュミレーション

契約者年齢 30歳
子供年齢 0歳
払込期間 10年
返戻率 105.8%
月払保険料 16,534円
払込保険料総額 1,984,080
受取総額 2,100,000円

ニッセイの学資保険は受取総額300万円以上に設定するか支払い期間を最短の5年にすることで返戻率をアップさせることが出来ますが、月々の支払額がかなり高額になるので、すでにまとまったお金が手元にある人向けの学資保険であるといえます。

フコク生命の学資保険・みらいのつばさジャンプ型のシュミレーション

契約者年齢 30歳
子供年齢 0歳
払込期間 11歳
返戻率 105.5%
月払保険料 14,354円
払込保険料総額 1,894,728円
受取総額 2,000,000円

フコク生命の学資保険は、兄弟割引などフコク生命の学資保険独自の割引制度がありますが返戻率の最大値はソニー生命の学資保険には及びません。

3社をより詳しく比較した記事はコチラから↓

学資保険、貯蓄型のおすすめ3社を元保険会社勤務のシングルマザーが徹底比較【2019年最新版】学資保険に加入するなら 返戻率が高いところがいい! ってまず最初に思いますよね! でも各家庭で子供の年齢、親の年齢が違...

【ソニー生命の学資保険】申し込み方法は?

ソニー生命の学資保険の学資保険に加入するにはソニー生命のライフプランナーとの面談が必要になります。

といっても、学資保険というのは生命保険の一種のため基本的にどの保険会社に加入する場合でも担当者との面談が必要でネットだけで申し込みを完結させることはできません。

特に、ソニー生命の学資保険は払込期間や払込方法、積み立てする学資金の額も細かく設計が出来るのでライフプランナーに疑問点や要望を直接伝えながらご家庭にあったプランを設計してもらうようにしましょう。

<PR>

【ソニー生命の学資保険】他社と比較してから決めたいという時は?

返戻率や、払込方法・期間などの違いをちゃんと他社とも比較して自分の目で確認してからからどの会社に加入するか決めたいという方も当然いますよね。

貯蓄型の学資保険でソニー生命とよく比較されているのは以下の3社です。

  • ニッセイの学資保険
  • フコク生命の学資保険
  • 明治安田生命の学資保険

この中でニッセイの学資保険も、ソニー生命の学資保険と同じく加入する場合はニッセイのライフプランナーとの面談が必要になります。⇒予約はニッセイのHPから

フコク生命と明治安田生命は、来店型の保険代理店「保険見直し本舗」で見積もり相談ができます。⇒保険見直し本舗の公式サイトはコチラ

tama
tama
来店型の代理店って個人的にとてもおすすめです。

というのも、取り扱いしている保険会社がとても多いんですよね。そのため一度の相談で多数の提案を受けることが出来るし、当然担当者も保険会社の職員ではないため、特定の保険会社に偏らず、フラットな目線でいろいろな保険を紹介したり提案してくれます。

そして何度相談に行っても無料です。その結果、加入しなかったとしても何も言われないので安心して相談してみてくださいね。

\近くの店舗を検索してみる/

 

【ソニー生命の学資保険】資料請求だけしたい方はコチラ

どうしてもライフプランナーとの面談の前にソニー生命の学資保険の資料請求だけでもしたいという場合は、ソニー生命の公式サイトからだと資料請求ができないのですが、こちらのサイトからなら資料請求の申し込みが可能です。

\ソニー生命の学資保険の資料請求はコチラから/

 

【ソニー生命の学資保険】後悔しない加入の仕方

いざソニー生命の学資保険に加入する際に、

悩める女性
悩める女性
こんなはずじゃなかった…

と後悔しないために、事前にしっかりと決めておくべき項目を2つ挙げておきますね。

万一の事態にそなえ、契約者選びは慎重に

まずは契約者をだれにするか

検討するとすれば

  • 子の父母のどちらか
  • 子の祖父母どちらか

かと思います。

以下に、それぞれを契約者にする場合の注意点を書いていきますね。

子の父母を契約者にする場合、注意すること

子の父母どちらかにする場合、基本的には今後継続して安定した収入を得る予定がある方の親を契約者にするのがおすすめです。

例えば、下記のような家庭があったとします。

  • 夫45歳(会社員)
  • 妻35歳(専業主婦)
  • 子0歳

学資保険を見積もりしてみると、妻が契約者になった方が年齢が若いこともあり返戻率は高くなります。

ただ、ここで安易に無職の妻を契約者にして、万一会社員の夫が死亡してしまった場合、妻が契約者であるため当然ながら保険料払込免除特約は適用されません。

それどころか、妻が専業主婦なので学資保険の払込も困難な状態に陥りかねませんよね。

せっかくの保険料払込免除特約という保障が何の意味も持たなくなるため、どちらに保障が必要かを慎重に考えた上で契約者を決めるようにしてくださいね。

子の祖父母を契約者にする場合、注意すること

祖父母が契約者になって孫のために学資保険に加入しようか…ということもあると思います。

お子さんの両親がまだ若くて収入も不安定である場合、この申し出はとても嬉しいことかと思いますが、祖父母のどちらかを契約者にする場合も以下3つの点に注意してください。

  • 必ず子の親の自署が必要
  • 健康状態の告知が必要
  • 贈与税の対象になるケースがある

祖父母が契約者で孫の学資保険に加入する場合、孫の両親の承諾なしに加入することはできません。

tama
tama
なので、孫のためにサプライズで加入してました~というのは無理ってことです

また、祖父母が契約者となる場合、契約者の年齢が高齢となるため事前の健康告知も必要となります。

さらには、祖父母が自分の子や、孫のためと思って加入したため満期時の受取人を子の親や孫にしてしまうと贈与税の対象となってしまいます。

tama
tama
贈与税に関しては祖父母を契約者にした場合だけではなく、学資保険金の受取人を「契約者以外」にした場合、すべて対象となってくるので注意です。※ただし非課税枠はあります。

ちなみに学資保険は生命保険の一種のため、毎年の年末調整で税額控除の対象になります。もろもろのこと考えると、よほどの事情がない限り祖父母を契約者にする必要性はないかと思います。

返戻率だけにこだわらず、保険料の払込は計画的に

学資保険の払込期間は長いです。

長期間にわたって最後まで払い続けられる金額設定にすることもとても大切なことです。

返戻率の高さだけにこだわって、学資保険に加入してしまうと返戻率が高い分、月々の払込保険料も高額になります。

もし無理な払込計画で契約してしまい、途中で払込ができなって解約してしまうと今まで払い込んだ保険料は増えるどころか大抵の場合、減ってしまいます

せっかく子供のために貯めようとしていたお金…途中解約で減らしてしまっては元も子もありませんよね。

学資保険で一番大切なことは、最後まで保険料を払い切ることです。

 

ソニー生命の学資保険は、支払期間に関してもパターンが豊富で家計に合わせた払込計画が立てやすくなっています。

  • 10歳
  • 15歳
  • 17歳
  • 18歳
  • 20歳(Ⅱ型のみ)
  • 22歳(Ⅱ型のみ)

上記6つのパターンから選ぶことができるので、それぞれの月払保険料・返戻率などを見比べた上で無理のない設計をしてくださいね。

参考)Ⅲ型、契約者30歳、子0歳、受取額資金200万円のシュミレーション↓

払込期間↓ 月払保険料 返戻率 払込保険料総額
10歳 15,540 107.2% 1,864,800
18歳 8,916 103.8% 1,925,856

【ソニー生命の学資保険】まとめ

いかがでしたか?

ソニー生命の学資保険は返戻率の高さだけでなく、保険料払込免除特約の保障の充実面でもとても魅力的な保険です。

あなたの大切なお子さんの将来のための保険、納得のいくプランが見つかることを祈っています。

今回はあくまでもシュミレーションのため、細かいプランニングを希望する際はぜひ一度専門のライフプランナーに相談してみてくださいね。

では、最後までお読みいただきありがとうございました!

<PR>