毒親日記

【毒親】母親は被害妄想強すぎの典型的な境界性パーソナリティ障害

こんにちは。tama(@tama15964098)です。

前回、父親のことについて書いたので今回は母親のことについて。

【毒親】私は自分の父親以上にちゃらんぽらんな人間を未だ見たことがないこんにちは。tama(@tama15964098)です。 前回、毒親に育てられた幼少期~高校卒業までの日常を書きました。 h...

父親のちゃらんぽらんさは、今考えても「どうやったらこんな人間が育つのか」と疑問が湧いて湧いて仕方ないほど理解不能な人種なのですが、それとは反対に母親は割とわかりやすい典型的な毒親要素をもった人物です。

簡単に言うと、境界性パーソナリティ障害の特徴を有した人、それがうちの母親です。

境界性パーソナリティ障害の特徴

境界性パーソナリティ障害とは人格障害の一種ですね。人口の約2%に見られる心の病気で原因ははっきりと解明されていないようですが、特徴としては以下のことが挙げられます。

  • 気分が物事に簡単に左右されてしまう
  • 感情を爆発させやすい
  • 慢性的な空虚感を感じる
  • 一人きりになることに耐えられない
  • 衝動的に飲酒、大食、買い物などをしやすい
  • 自己イメージが混乱する
  • 他者を良い・悪いの両極端で評価し、評価自体も簡単に反転してしまう
  • 現実認識が低下する
  • リストカットなどの自傷行為をする
  • 自殺をほのめかす

引用元:https://allabout.co.jp/gm/gc/302107/

うちの母親に関しては、自傷行為こそ見られませんでしたがそれ以外は見事に特徴に当てはまってます。

母親には幼年期のトラウマがある

母親は子どもの頃に自分が親から愛されなかったというトラウマを抱えているようで、その頃の経験が今の母親の人格を形成しているんだろうなぁと推測できます。

母親の母親が失踪し、11歳離れた妹の母親代わりに

うちの母親には兄妹がいて、兄とは年が近いようですが、妹とは11歳離れています。母親の話だと、妹が生まれる前の両親は兄ばかりをかわいがっており、自分は蔑ろにされていたようです。

母の妹がまだ幼い頃、自分たちの母親(私の祖母にあたる人物)が失踪?したようで幼い妹の面倒は姉であるうちの母親がずっと見ていたとのこと。

この話だけ聞くと、母親は結構苦労してきたんだなぁと思います。

そして、私と姉はこの話を事あるごとに何度も何度も聞かされ「お母さんは苦労してきたんだ。可哀そうな人なんだ。」と刷り込まれるようになっていました。

妬み嫉みで人の悪口と愚痴しか言わない。咎めると逆ギレ

とにかく母親の口からは、父親の愚痴、職場の人の愚痴、通りすがりの人の悪口、妬み、嫉み、僻みしか出てきません。

父親の愚痴なんかは致し方ない部分があるにせよ、他人の悪口ばかり聞かされるのは中々ストレスが溜まります。一緒に歩いてても、通りすがりの人を指さして「見て、あの人の服が変…顔が変…」と悪口、テレビを見ていても「あのタレントぶっさいくやなぁ…」と悪口。

そして言葉遣いも汚い!!「〇〇しやがった(しやがって)」とか「おまえ」とか「あいつ」とかなんか聞いてて不快になる言い回しを巧みにしてくるんですよねー。あと舌打ち。いっつも舌打ちしながらしゃべるんですよ。もう本当にイライラします。

と言うことで、「もうやめといたら?」と言うと「お母さんの話は誰も聞いてくれへん!」「お母さんの話は全部否定してくる!」「全部お母さんが悪いねんな!」「普通に会話もできひんのか!」などなどめちゃめちゃ文句垂れてくるんですよね。

挙句「あんたはお母さんのこと恨んでるんやろ、だからお母さんの話は聞きたくないんやろ」ともいわれます。

嫌な部分は全部父親似と言われる

うちの母親は、私にしろ姉にしろ何か自分の気に入らない態度を取られると「あんたらはお父さんそっくりや」「そういうところは〇〇家(父の実家)の血を引いてるわ」と言ってきます。

毎日毎日、母親からは父親や父親の身内の悪口、愚痴、軽蔑するような発言を聞かされているので母が発する「父親に似ている」という発言が、最大限の侮辱を意味することは痛いほどわかるんです。それを平気で私たちにぶつけてくるんですね。

その上で「自分だけがまとも、自分のまわりにはろくな奴がいない、家族に恵まれない可哀そうな自分」と言って、常に不幸の中心に立っているような振る舞いをします。

姉妹で仲良くしていると嫉妬し、各々の陰口を言ってくる

私と姉は高校生くらいまでは姉妹仲はかなり悪く喧嘩ばかりしていたのですが、どちらも成人し実家を出るようになってからは、如何に自分たちの育った環境が特殊だったのかを自覚するようになり、唯一それを共有できる者同士、会話する機会が増えました。

それを見た母親が「昔は仲悪かったくせに…」と文句を言うようになったのです。仲が悪くてどうしようもなかった子供時代は「たった一人の姉妹やねんから仲良くしなさい!!!」と言っていたのですが。

更に質が悪いことに私がいないところでは姉に「tamaがあんた(姉)のこと、こんなん言っててんで」と過去のどうでもいい話を告げ口し、反対に姉がいないところでは「●●(姉)がtamaのことあーだこーだ文句言ってたで」とこれまた過去のどうでもいい話を蒸し返して告げ口してきて私と姉を仲たがいさせようとするのです。もうやることが小学生並みです。







母に尽くしても、結局文句を言われる

母親とのエピソードは色々ありすぎて一個一個書いてたらキリがないくらいなのですが、とにかくこちらが母親のためと思ってしたことは100%文句を言われます。

母が職場の同僚は仲良し親子だと度々僻んでいたので、姉と一緒に旅行に連れて行ってあげても些細なことで機嫌が悪くなり「こんな旅行行くんじゃなかった」と言われます。

また、母親がウサギを飼いたいと言ったので、飼ってあげると1か月も経たないうちに「ウサギが夜中に動き回ってうるさくて寝れない。ノイローゼになりそう。」と言い出し、やむなく姉が引き取ることに。ウサギを飼うのは初めてではないし、ちょっと無責任すぎでは…と言うと、「おったらいいなって言っただけで欲しいなんて言ってない!結局何やってもお母さんが悪者なんやな!!」と言います。

極めつけは、父親の最後の借金が発覚したとき「もう嫌や~!」と泣き出した母親を可哀そうに思い、姉と2人で「もう離婚したらいいやんか。引っ越し費用と家賃はこっちで負担するから」と言って母の背中を押し、父親と別居を促したのですが、それも結局自分が思ったような生活じゃなかったと言って「あんたらの言う通りにしたのに全然いいことがないやんか!!!!」とキレられました。

そしてしばらくすると、また父親と一緒に生活を始めていたのです。。。あれ???

母親が別居期間にしていた中途半端な行動

母親は、父親との別居期間中、インターネットにハマっており、年甲斐もなく「ミクシィ」を始めて同年代(50代)のコミュニティに参加して色んな人と交流をしていました。

リアルの人間関係は空気が読めない言動が多すぎて全くといっていいほど友人がいないのに、ネットだと色んな人にちやほやされて楽しかったようです。

そして、そこで知り合ったという同年代の独身の男性と直接会うようになって、親しくしていると…(親しいというのがどの程度のことを指すのかは怖くて聞けませんでしたw)

これは、母が私たちに普通に打ち明けてきました。しかももう何度か家に行ったこともあると。

それを聞いた私と姉は「え?大丈夫なん?変な事件に巻き込まれんといてよ。」と普通に心配する気持ちと、「父親と離婚するのか離婚しないのかも曖昧なまま何やっとんねん。」という呆れ。

で、結局私たちも知らない内にまた父親と同居し始めているので、「え?あの人は?」となったのですが、

母親からは「なんか変な人やったから別れたけど、色々詮索してくる人やからツイッターとか見られへんようにしといて」「お父さんは何も知らんからお父さんには絶対に言わんといてや」と、何度も念押しされ、今となってはなかったことのようになっています。

この母親が20年以上前の父親の風俗通いに目くじら立てるというのは…なんかもう何考えてるのかわからなさすぎて渇いた笑いが出ました。

父親の風俗通いについての記事はコチラ⇒父親のクズエピソード







父と母は共依存関係

結局、母親と父親は何か知らんけどお互いに依存しあって生きていて、どんなことがあっても別れないんだなということがわかりました。

もうなんか常人には理解できない絆があるんだろうなーと。わかりたくもありませんが。

その二人の茶番に私と姉は真剣に向き合っては振り回され、裏切られるのです。なので、もうほっとくことにしたのですが、依存体質の二人は年を取りつつある今、二人そろって子供である私たちに依存しようと色々と画策しています。

「二人とも歳を取ってきたので、今後どうしたらいいのか家族で話し合いたい…」

要は、老後の自分たちの世話を私たちがどういう風に見てくれるのかを確認したい、ということなんですよね。

自分たちが死んだあと、こうして欲しいとかじゃなく、どちらかが先に死んでしまったら‥どちらも動けなくなったら‥とか、極めて自己中心的な理由で、どうにか私たちと接点を持って何か施しを受けようとしているんです。

「親やろ!!!!」という常套句を引っ提げて。

まとめ・母親の最大の毒

母親の性格の最大の毒は、とにかく身の回りに起こるすべてのことは人のせいと思っていることですね。

ただただ自分が置かれている状況や周りの人間の愚痴ばかり言って、自分では何も変わろうとせず、何一つ努力しようとしない母親。

貧乏なのはだらしなくて嘘つきの父親のせい、娘(私たち)と仲が悪いのは私たちに思いやりがないせい、離婚できなかったのは子ども(私たち)がいたせい…

なので、私たちの幼少期のパチンコ通い、麻雀三昧の日々についての母親の言い分

「仕方ないやんか!お父さんがあんな人間なんやから!!」って…理由になってないw

自分で決めてしたはずのことも「お母さんは本当はしたくなかったけど、あんたらが言うから」などと、とにかく何事においても責任転嫁。

こちらが何か不満や愚痴のようなことをいうと、被せるように「お母さんの方がもっと大変やった」と言われ、気づいたら母親の愚痴を聞く側になっているんです。

母親は自分以上に不幸な人間はいないと思っているので、父親と同様、私と姉に対して「悪いことをした」という気持ちは基本的にありません。

もしこちらが少しでも過去の親の有り様を非難するようなことを言えば「なんでお母さんばっか責めるのよ!!一番悪いのはお父さんなんやからお父さんに言えばいいやろ!!!」と言われます。

うーん、どっちもどっちとしか言えない。

つづく

☟これは毒親だと思う方はポチっとして応援してもらえると嬉しいです(笑)

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ

他にも色々記事を書いているので、是非ご覧ください(^^♪